花火を持って二次会で盛り上がる男女

1.式がない二次会のみ

式は家族だけで行い、次回二次会だけ行うという事があるみたいですが、実際二次会だけだと式の時同様土日に行う人が多いです。

なので、よっぽど外せない用事がない限り断るのは「参加したくないんだな」と思われることがあるので参加はしましょう。かし、二次会だけとなると面倒ですよね。

そのために女性ならヘアメイクをしなければなりませんし、結局三次会まで参加しないとダメな雰囲気になるかもしれません。

しかし、面倒でも二次会は参加するべきです。なぜなら結婚式よりも安い金額で済むからです。二次会はご祝儀は不要なので、当日の会費だけですみます。

もちろん個人的に渡すのはOKですが、その場に持っていかないようにしましょう。持って行っても管理してくれる方がいるか分かりません。

2.ビンゴを楽しむ

式がなく二次会だけの場合ほぼ高確率でビンゴ大会があります。景品は幹事もしくは、新郎新婦が決めているので変なものが当たるという事はなかなかないです。

会費以上の景品も多々あるので、ビンゴを楽しみに行くという気分で行くのも良いでしょう。結局はずれてもその間楽しい気持ちになるはずです。

3.参加した意味があったのか

ビンゴもはずれ、お祝いをし、ご飯を食べに来ただけになっても人間関係という大事な物が生まれています。行くと懐かしい人や知らない人もたくさんいるので、会話が弾むこともあります。

知っている人が誰もおらずという状況はあまりないと思うので、そこは知っている人がいるという体で話しますが、久しぶりに会うとお互い何をしているかなどの話になります。

そこで自分との共通点の趣味があり、改めて連絡をとるようになったり、最近は二次会が出会いの場だったりするので、これをきっかけに仲良くなったりするかもしれません。

二次会は、お祝いにきたけれど自分の人脈を増やしに行くんだと思えば面倒と思わなくなります。面倒だと思う人は、自分の為に行くんだ!と思えば気楽な気持ちになるのではないでしょうか。

面倒な二次会も自分の為の人脈づくりだと思えば行きたくなる